windowsnovosti.com

WEBを利用すると便利な光テレビの導入

WEBと同じ回線で光テレビを楽しむことができる 地デジが登場したばかりの頃、よくテレビでコマーシャルをやっていた光テレビですが、最近はWEB上での広告がメインのようですね。どんなものでもそうですが、導入する前にはメリットとデメリットを良く知っておくことが大切です。光テレビの最大のメリットは、アンテナが不要なことです。アンテナを立てても中には地デジが入らない家もあり、現在、当初の予定ほど普及率が上がっていないと聞いています。そういう場合は、インターネットに加入している人は光テレビにすると、工事も不要で簡単にテレビを見ることができます。次に大きなメリットは、番組が多いことです。地デジ、BSの他、CSの専門チャンネルなども用意されています。映画・音楽・スポーツなど趣味に特化したチャンネルをアンテナ不用で見ることができるのは便利ですよね。また、WEB上で自分用の番組表を作ったり、録画予約もすることができます。

では、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。まず、インターネットが使えなくなるとテレビが見られなくなる点でしょう。IP電話と同じです。IP電話の普及から、インターネットが切断されたときの業者の対応は早くなっていますが、それでも繁忙期には対応が遅れますから、その点は考慮に入れておくべきでしょう。また、チューナーを置く必要があるので、テレビ周りに電源が足りなかったり、置き場所がない場合はそれらを確保する必要があります。私の場合は、まだアンテナを使ってテレビを見ていますが、いずれ光テレビに切り替えたいと思っています。残念ながら今はどうしても見たい専門チャンネルが入っておらず、別のCSチャンネルを契約しているので乗り換えることができないのですが。

Pick Up

Copyright (C)2020WEBと同じ回線で光テレビを楽しむことができる.All rights reserved.